書籍の権利者にスキャンの許可が必要ですか?

書籍は、音楽CDやビデオ、DVDと同様、著作権(著作権法)で保護されています。

弊社へのスキャンのご依頼については、
書籍の権利者にスキャンの許可がとれていることを前提とさせていただいており、
下記の点をお客様にご理解頂いております。

1.BOOKSCANのPDF書籍変換システムへ依頼できるものは、著作権法に基づき、著作権フリーのもの、著作権が切れているもの、ご自身で著作権を有しているもの、著作権者の許諾を得ているものです。該当しないものは、トラブル防止のため、ご遠慮下さい。(著作権は、通常著作者に帰属しますが、出版者等の第三者に譲渡されている場合もありますので、その場合は、出版者等の第三者から許諾を得てください。)

2.誤解されがちですが、出版された本の中身の著作権が出版者にあるとは限りません。出版者が出版権だけを有している場合は、その著作物の複製について許諾する権利がありません。著作権を有していない出版者及び第三者に許諾を得ましても何ら法的根拠はありませんので、必ず著作権者からの許諾が必要となります。

3.特に雑誌の扱いに関しましては、著作者が複数おり、著作権者の特定(及び許諾獲得)が困難な場合がございますので、受付をお断りしております。

4.書籍のカバーの著作権者に関しては、一般的に中身の著作権者と異なる可能性が高く、特定(及び許諾獲得)が困難な場合がございますので、カバーのスキャンは行っておりません。

5.書籍から変換されたPDFデータは、ご自身でスキャンした場合と同様に、ネット上に公開したり、社内で共有したり、誰でも閲覧できる状態にすること、実際にデータを渡す行為を行ってはいけません。その場合には、著作権法違反で10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金または併科となります。また、万が一お客様へ納品したデータがウェブ上などで公開されていることが確認された場合、お客様情報を著作権者に提供する場合がございますのでご了承ください。

Feedback and Knowledge Base